【エンターライズ】5.9号機 ストリートファイターVがとんでもなく面白くない

【エンターライズ】5.9号機 ストリートファイターVがとんでもなく面白くない

YouTubeでこしあんの実戦動画を見ました

YouTubeでこしあんの「ストリートファイターV パチスロエディション」実戦動画を見ました。

長時間の実戦動画を最後まで見たのですが、まぁ面白く無さそう。

ARTのシステムがユーザをイライラしかさせない作りで、もうなんというか。

設定6実戦ですが、1つも面白そうな凄いという展開も無く、だらだらした展開。

5.9号機、やっぱり駄目ですね。時間の無駄感がすごい。

設定6でも、機械割が低いので、そもそも打ち手に不利すぎて。

あ、エンターライズといえばBONUS終了後の設定示唆、

「congratulation」ですが、今回もありました。設定5以上 もしくは 設定6確定かな?

ただし、「congratulation」が出ても、確実に勝てるとは思わないこと。

辞める選択肢は無いと思いますがね。。

ARTのシステムがユーザを絶対にイライラさせる

ARTの仕組みとしては、基本的には1セット、30G+AG(アディショナルゲーム)+α(転落抽選)。

純増、1.5枚(ボーナス含めない)。

ART1セット=格闘家のバトルとなり、自キャラが勝てば次のセットへという流れ。

相手を攻撃するには、

①Vリプレイを3回引いて、攻撃ゾーンにいれる

②ベルやレア子役でEXゲージをMAXにする

をしなければならない。

相手の体力を減らすメインは①の方だと思われるのだが、

契機はVリプレイを沢山引く必要がある。

リプレイを引かないと倒せないのだが、リプレイは出玉にならない。

倒してしまうと、残りゲーム数はリセットされ次セットにいくので、

また、勝つためにリプレイをたくさん引かなければならない。

ベルで出玉が欲しい反面、倒すためにはリプレイが必要というもどかしさ。

私は打ちたいと思えないシステムと感じました。

前回の「ストIV パチスロエディション」の、ボーナス中のメーター貯めもイライラさせられました。

ストリートファイターという素材はそそられるのですが、どちらもシステムがね。。。

エンターライズはモンスターハンター月下雷鳴以外は当たりなし

エンターライズの傑作は、「モンスターハンター月下雷鳴」だと思います。

イベント等で、大量出玉を量産しているイメージがありましたよね。

実際、私も大量出玉を出したことは何回もありますし、出るイメージがはっきりしていました。

その前にでた、バイオハザード5も面白かったといえば面白かったですね。

シューティングバーストと分裂は面白かった。

ただ、最終ステージまで行くと、シューティングバーストが入りづらくなる仕様は残念。

以降の機種といえば、

「パチスロ 戦国BASARA3」=辛い、辛すぎる。天井狙い以外打とうと思えない。
「パチスロ バイオハザード6」=ART入れてもとにかく出ない。体感9割は駆け抜ける。
「アスラズ ラース」=ART入れてもとにかく出ない。出る契機も見えない。
「スーパーストリートファイターIV パチスロエディション」=ボーナスからARTに本当に入らない。セービングというシステムは新しかった。
「デビルメイクライ クロス」=大量出玉の可能性は見えた台。ただしハードルが高い。
「パチスロモンスターハンター 狂竜戦線」=バトルが本当にイライラさせられた。スルー回数天井が無いうえに、初当たりの期待枚数がしょぼい。
「パチスロ逆転裁判」=見向きもしなかった。出ているところを見たことが無い。
「パチスロバイオハザード リベレーションズ」=絆を真似したようなシステム。やはり、大量出玉のイメージが見えない。

5.9号機はスルーしたほうがいい

やはり、5.9号機はスルーした方がよさそうですね。。

間違って事故ったとしても、有利区間最大ゲーム数で打ち切られますし。

高ベースになったとはいえ、初当たり期待枚数が少なくなってきていますし、

天井やゾーンも無いため打つ理由が見出せません。

設定に期待できない状況の中、本当に打つ理由が無い。

やはり、動画を見るのは大事ですね。

数万円打ってから後悔するよりは、動画で仕様を把握すべきです。

ストリートファイターは好きですよ、私。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする