2018年 旧台のハイエナで期待値をもぎ取れ!

2018年 旧台のハイエナで期待値をもぎ取れ!

※勝ちにこだわるハイエナ専門さん向け

5.9号機は無視しろ!

5.9号機は無視!

本当に何も打つ台が無いときに有利区間をちょっと打つぐらいならありかも。

ほとんどの台は、エナに向かないので、無視でいいでしょう。

2018年 旧台のハイエナは、マイナー台を狙え!

旧台でも、みんなが知っているような、サラ番やまどかマギカのゾーンであったり、

バジリスクの絆のスルー天井等は誰もが知っていて、落ちているわけありません。

また、そういう状況だからこそ期待値ぎりぎりを攻めてしまい、負けるということが多いと思います。

ですので、マイナー台を狙うのがとても有効です。

例えば、テラフォーマーズ

テラフォーマーズは、ARTスルー回数とチャンスリプレイの規定回数到達でARTが約束されます。

また、ART1回の期待枚数もそこそこありますし、大量出玉も狙えます。

私が遭遇したのは、据え置き込みでの10回テラフォーマーチャンスをARTスルー している台です。

11回目のテラフォーマーズチャンスで、ART確定するのでかなりおいしい台となりました。

さらに、チャンスリプレイの規定回数も少ないことが判明し(チャンスリプレイ成立時のボタンプッシュ時のセリフで判別)、

ART終了後も、チャンスリプレイの規定回数到達まで粘り、大きな収支となりました。

この台の大きなポイントは、

①ARTスルー回数(テラフォーマーズチャンス11回目で天井ART発動)を知る。

②チャンスリプレイの規定回数をボタンプッシュで判別。

③他の契機でART突入しても、規定回数はリセットされない仕様を理解。

ここまで知ってるユーザーは少ないので、有利に立ち回れます。

例えば、ルパン三世 ~消されたルパン~

こちらも、あまり流行らずに、台の名前のように、消された台ではあります。

流行らなかった故に、仕様を知らない人がいるようで、こちらも据え置き天井(999G)を狙えます。

加えて、右側の雷雲カウンターの色をポイントに置きます。

雷雲カウンターが赤の場合、雷雲モードに突入しやすいため、コインもちが良い+ART(ゴールデンタイム)に直行しやすいのです。

この雷雲カウンター赤は、ART突入まで落ちないので、天井でARTに突入できなかなかった場合は、

少し放置して、育ったらもう一度天井狙いといった立ち回りもできます。

結構知らない人は多いと思います。

さらには、雷雲モード中に天井到達すると、ART確定+大量 ストックが期待できる特化ゾーンまでついてきます。

マイナー台に興味がでてきますよね?

マイナー台を詳しくなることで立ち回りの幅が大きく広がる

主要だった台のハイエナは、現状とてもむずかしいです。

ちょいかじったぐらいのハイエナなら、マイナー台は、昔も触ったことないからと敬遠し見向きもしません。

こういった部分を狙っていくことが、今の立ち回りにはとても重要です。

ハイエナ向きのマイナー台リスト

・テラフォーマーズ(ARTスルー回数、チャンスリプレイ規定回数)
・ルパン三世 ~消されたルパン~(天井+雷雲カウンター赤)
・恵比寿マスカッツ (ポイント狙い+何周期かの組み合わせ、天井)
・モンスターハンター狂竜戦線(ボタンプッシュでモンスター赤の確認)
・鉄拳3rd(リセットを加味した天井)
・AKB48 勝利の女神(周期CZ狙い180G~)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする