パチスロで勝つ立ち回り、負ける立ち回り

パチスロで勝つ立ち回り、負ける立ち回り

パチスロで勝つ立ち回り、負ける立ち回りを比較してみた


項目 勝ち組 負け組
店選び 設定状況良好かつ客が少ない店 人が多くて出ている店
台選び① 過去のデータやクセを元に選択 新台や好きな台を選択
台選び② 根拠がある特定日から機種選択 3/31だからサミーと言った安易な妄想
台の理解 幅広く機種の仕様を知っている 好きな台しか興味が無い
開店直後の動き 周りの台を見る すぐ打ち出す
設定推測 スロマガアプリを利用 良い数値のみ信じる
遊戯中 他の台を常に意識 自分の台に夢中
負けが込んでいる時 冷静にハイエナ、高設定後ヅモをする 大量出玉見込める台に座る
閉店まで2時間 ベストなやめ時を考え、閉店前の情報収集 ギリギリまで好きな台を打つ
少量のメダル 貯玉or流す Aタイプで使い切る
勝った時の行動 いつもと変わらない 金遣いが荒くなる。次の遊戯時荒い機種を選択する。
負けた時の行動 立ち回りや店のクセを冷静に分析 寝れば負けたことはリセット
好きな言葉 期待値 出る設定1は宝!

まとめ

当てはまる項目はありませんか?

上で述べたことで見当違いな部分はないと思います。

勝ち組になるには、意識の持ち方がとても大事です。

妥協を減らせば減らすほど、勝ち額は増やせます。

あと1,000円だけ、流れがいいからといった、感覚に頼った立ち回りは負けにつながります。

意識を高く持ち、勝ち組に回ってください!

良いスロットライフを!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする