【最底辺のイベント?】三重県のオールナイト営業【パチンコ・パチスロ】

【最底辺のイベント?】三重県のオールナイト営業【パチンコ・パチスロ】

日本で最底辺のイベント?

一般の日本人のイベントといえば、バレンタインやらクリスマスやらある と思いますが、

スロッター達が一番参加したいイベントと言えば、三重県のオールナイト営業だろう。

私も、人生で一回は行って見たかったが、実現は難しいと感じている。

パチンコ嫌いの人から見たら、最底辺のイベントであることは間違いない。

だが、スロッターからすれば、最高の思い出になるイベントだろう。

2017年12月31日~2018年1月1日に開催!

2017年12月31日~2018年1月1日まで開催されたのだが、

要は2017年12月31日の夜中になっても閉店せずに、次の日の夜まで打てるということ。

なんでこのようなことができるのかというと、名目としては参拝客のトイレや休憩できるような施設として認められているようだ。

毎 年、各雑誌や動画サイト等のライター陣が参戦する模様

年々、パチスロ関連の仕事をしている人間の参戦が増えている様子。

雑誌ライターだけではなく、ネットでの動画サイト、youtuber等、様々な媒体から参戦しているようだ。

媒体が増えれば増えるほど、話題になればなるほど、設定に期待が持ててくるのかもしれませんね。

基本、設定1なのは変わらないでしょうが。

スロッターが打ち切るならば20万は必要?でも、夢はある!

ここまで、スロッター達が一番盛り上がるイベントと書いてきたが、

ホールの実態としてはほぼすべてが設定1の状況での、実戦となるので、機械割通りの動きをすれば、ずぶずぶずぶずぶ永遠と負け続ける 。

つまり、負けを前提に楽しむイベントとなる。

ただし、アホみたいな事故を起こす可能性がある台ならば、時間的に20000ゲーム位は回せるはずなので、60000枚越え(100万円突破)も夢では無い。

お正月からビッグなお年玉を手に入れたい勇者は、参加してみるとよいでしょう。

ちなみに、前日から並ばないと席はとれないようなので気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする