【パチスロ攻略】ジャグラーやハナハナの波理論

【パチスロ攻略】ジャグラーやハナハナの波理論

パチスロのAタイプに波はあるのか?

私が考えるに、何百万ゲームを試行すれば波はほぼ見られないのだろうが、数時 間単位で当たりが連荘しやすいというのはあると考える。

私は、スロ歴17年ぐらいで、勝ちに徹するためハイエナ専門で5号機でもそれなりに結果を出してきた。

なので、ただのオカルトは聞き入れない。

プログラマーという切り口から見たときに、乱数生成方法によっては、短時間での偏りは発生しないとは言い切れないと考える。

一時期の噂だが、ジャグラーは乱数に偏りがでるようにプログラムを作っているという話があった。

実際ホールの履歴を見ていると・・・

10ゲーム以内に5連荘といった明らかに偏ってるジャグラーの履歴を見たことが無いだろうか?

私が、見て一番驚いたのはジャグラーで1ゲーム連が4連したということだ。
これは、ただのヒキなのだろうか?
誰もが、偏りすぎな履歴を見たことがあるだろう。

ジャグラーで3~4の粒でずっと当たっていたのが、10回連続1粒内で当たっているような履歴をイメージしてもらいたい。

1回2回ではなく、しょっちゅうこのような履歴を目にする。

めずらしいから印象に残っているだけなのか、偏りがあるものなのか?

半年程度の短期間ではあるが、検証してみた

今までの立ち回りでは、ジャグラーならば合算+レギュラー確率がいい台のみを打ってきた。

それにひとつ条件を加えてみた。

合算+レギュラー確率がいい台+100G以内で辞められている台のみ、100Gまで打つという立ち回りだ。

さらに、100Gを超え たら即やめを徹底する。この立ち回りで、大きく機械割が上昇した。

※ただし、持ち玉がある状況でないとこの立ち回りは、換金ギャップの影響を受けやすいこと留意いただきたい。

結論は、オカルトと言われるかもしれないが

私は、ジャグラーについては、波が生じやすい機種なのではと推測する。

設計上、完全確率なのは間違いと思うが、波が生じるような計算要素があるのではと考える。

オカルトといわれてもしょうがないし、検証期間も短くあてになるようなものはないが、

私はジャグラーの波については多少なりあると考えている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする