【ブツ切り】5.9号機 戦国コレクション3、ブラックラグーン3の評価【有利区間】

【ブツ切り】5.9号機 戦国コレクション3、ブラックラグーン3の評価【有利区間】

ブツ切りとは?

5.9号機の規制を、初めて本格的に実装した、戦国コレクション3。

ユーザが有利な状態を有利区間と呼び、連続したユーザー有利区間(ゲーム数)に制限をかけられた。

どういうことかを、簡単にいえばARTのゲーム数の上限が決められたととって差支えない。

この有利区間規制により、一撃の最大獲得数が3000枚未満に抑えられることになった。

この規制ができて喜ぶユーザは0のはず。

どんなユーザも願っている「事故」が実質起きることが無くなったのだから。

戦国コレクション3の評判

すぐに動画で話題となったのが、勝利画 面の次ゲームに通常時に戻るというものだ。

当然、残りゲームやストックの保証は無し。また1からART等を目指すことになる。

当然ネットでは騒がれ、パチスロ完全終了という声が多く見られた。

趣味打ちが好きな人でも、たくさんメダルを出すのが好きだった勢は、今後の新台を打つ理由が無くなる。

パチスロ離れがさらに進むことは間違いないだろう。

設定1で事故れないとなると、平均設定が低くなっている昨今で、ユーザが勝つ道が完全に断たれたということになるだろう。

BLACK LAGOON(ブラックラグーン)3の評判

こちらも有利区間規制を受けた、5.9号機なのだが、ネットで不評の嵐となった。

パチスロBLACK LAGOON(ブラックラグーン)と言えば、

ゲーム数を大きく乗せて、バレット満タン(バレ満)状態にして、上乗せ特化しすぎてで終わらないという部分が楽しかった。

しかし、有利区間規制があるため、ゲーム数乗せすぎて終わらないという、うれしい状況になることはない。

規定ゲーム数に到達したとき、ぶつっとARTは終わらせられてしまう。

「バレ満と合わないゲーム性」、「コイン持ち良くない」といった不満が早くも見られている。

パチスロ完全終了はもう目の前か

5.9号機時代に突入し、一撃は多くて2500枚程度で、残りゲーム数は消滅。

もし、残りゲーム数消滅が機械割に含まれていないということであれば、設定1の機械割は実質どれ ぐらいなのだろうか?

考えるだけで恐ろしい。

今後、有利区間を使わないGRTが現れるが、GRT=設定にかなり忠実なため、設定を使わないホールではただの貯金箱となる。

ハイエナもできない、一撃も無い、設定に忠実な台をベタピンホールで打たされる。

これでは、趣味打ちユーザですら引退しかねない状況。

規制緩和なんてもう無いでしょうし、客が減り、ホールがつぶれていく未来しか見えませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする