『鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編』でゴトされたであろう台を見た話

『鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編』でゴトされたであろう台を見た話

『鬼浜爆走紅蓮隊 爆音烈士編』のゴトの話

こちらはゴトをされた有名な機種であり、ゴトをすると無限ARTになった。

やり方は、筐体の中の部品をライター等でパチパチやることでショートさせて、無限ART状態とするというものだった。

この鬼浜はART中のゲーム数を内部で持っており残りゲーム数が見えないため、ずっとARTが続いていても、他から見たら気づかれることはなかった。

当時、結構閉店までARTというのを見かけたので、一部のそれはゴトだったのかもしれない。

『鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編』のゴトの話

その数年後に出された、『鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編』だがこちらも後継機ということでゴトができるのではという噂が流された。

ゴト行為ができたかどうかは不明だが、ゴト行為をしようとして基盤がいかれたのか変な『鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編』を見たことがある。

これは、友人が『鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編』を打っていたのを隣で見ていたときの話なのだが、

まず通常時に前兆でもなんでもないとこからいきなり画面がブラックアウト。そしていきなりのフゥアフゥア演出。

ゲーム数が4桁に近い位乗り、まだ知らないフリーズかと思い、今日は焼肉だと喜びながらレバーを叩くと、

「超カッ飛びゾーン」へ移行した。

ここで変だと気付く、フゥアフゥアでARTが確定したのに、なぜ通常時の激熱ゾーンへ??

なんかバグっているのかと思い、次のレバーを叩くと通常時に。。。。。

友人も私もポカーンとした。

友人はそのまま、席を立ち退店した。

10万円獲得コースからの通常画面。さすがに、これはキレてもしょうがない案件。

後日冷静に調べたのだが、ゴト(配線ショート)をやろうとすると基盤が変になることもあるらしく、ゴトをやろうとして基盤が異常になっていたのだろうと考える。

4号機当時はゴトやバグ技がかなりあった

4号機は、客層が今とくらべてやばい連中だらけでしたから、ゴトなんていくらでもあった。

台を囲んでこそこそ何かをしているとか、何回かみたことがある。

また、体感器という器具で当たるタイミングを計って、レバーを叩くゴトもしょっちゅう聞いた。

そもそも、店側も裏台という、通常の出方をしない機種を当たり前のように導入していたのだから、違法と言えばどっちもどっちな時代だった。

5号機になってから、ゴトの話を途端に聞かなくなった。

だがしかし、動画で体感器を使った動画等があったりするので、それらがフェイクじゃなければまだ有効なのかもしれない。

設定が全く使われなくなってしまった昨今、当たるタイミングがはかれるものなら、その攻略をした方が良いのかもしれない。

体感器は捕まるからダメよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする