【パチスロ】オカルトで片づけない確率の話

【パチスロ】オカルトで片づけない確率の話

基本的にスロットは65536個のくじから抽選している

基本的にスロットは65536枚のくじを、レバー叩くたび一枚開くイメージをしてもらいたい。

くじの中には、ロングフリーズやチェリーやスイカ、色々なフラグが書かれている。

65536枚のくじは常にぐるぐると回転している。

引いたくじは元に戻し、また65536枚のくじを引く。

これは完全確率だと思うかもしれないが実際はそうとは言い切れない。

プログラム視点でいうと偏りが無いとは言い切れない

今のパチスロがどういう方式で乱数を生成しているかはわからないが、乱数には偏りが生じる可能性がある。

仮に、乱数を生成するために、シード(乱数を生成するための元となる数字と思ってください)をシステム日時にしていたとする。

すると、乱数に偏りが生じる可能性があり、一定のタイミングで叩いているとこの時間帯はたまたまタイミングがあってあたりやすいなんていうのも無いとは言い切れない。

0.5秒以内に65536を一周させなければならないらしいが、0.5秒の中でこの辺が当たりが多い(偏っている)タイミングなんていうのは必ずあると考える。

オカルトといっていることがオカルトでないかもしれない

例を出すと、「北斗の拳 転生の章」の神拳勝負でケンシロウがここを向いたタイミングでレバーを叩くと勝てるといったオカルトを聞いたりするが、あながち無いとは言い切れないと私は思う。

それぞれの機種で何を乱数で使い、どう処理しているかはわからないが、画面上のこれがこのときに毎回偏りがあるタイミングと噛み合うということもあるかもしれない。

デモ画面だったり、演出だったり、何かでタイミングが取れるもので、レア役を引けたタイミングがあれば、そのルーティンを守るといいかもしれません。

この機種はこの時間が出るとか、このスランプグラフはそろそろ連荘するとか、そういったことも一周回って、あながちオカルトではないのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする