kof98 um ol 頂上決戦 禁止モードの戦い方 2017/7/8

kof98 um ol 頂上決戦 禁止モードの戦い方 2017/7/8

「禁止モード」が実装

2017/7/6より、頂上決戦に「禁止モード」が実装されました。

初見プレイしたところ、なんだかよく分らないし、長くなりめんどくさいといった印象。

メリットとしては、運ゲー要素が少しだけ緩和され、より戦略性が高くなった気がします。
(UR無し戦とかの方が、私としてはうれしいですね。)

禁止と選択の順番について

①後攻が1キャラ禁止
②先攻が2キャラ禁止
③後攻が1キャラ選択
④先攻が1キャラ選択
⑤後攻が1キャラ選択
⑥先攻が1キャラ選択
⑦後攻が1キャラ選択
⑧先攻が1キャラ選択
ここまでで、URとか有利キャラをいかにとれるか取らせないかだと思います。

※噂では、禁止を選択しないでタイムアウトさせると、禁止キャラを選択してよくなるという話もあります。参考まで。

私が考える攻略法

■先攻の場合
⇒②の2キャラ禁止するときに、有利キャラを奇数にしない。
例えばURを奇数の3キャラ残した場合、後攻が1キャラ、先行が1キャラ、後攻が1キャラとることになるので、不利になってしまう。

■後攻の場合
⇒②の先攻が禁止をどうしてくるかによるが、有利キャラが奇数のときは、見逃さずにURキャラを手に入れる。

四魂を上手く活用しよう

暴走庵を取ったら、四魂を意識して、勝利期待度を上げよう!

熊や蛇や亀は、何となくキャラを覚えていることが多く、
熊は攻が多め、蛇は技が多め、亀は防が多めということで、なんとなしにあてはめられる。

問題は、虎だ!

虎キャラは誰がいるかというと、
K’、クーラ、舞、京、ネスツ狂、ヘビィD、アテナ、ナコルル、橘右京
である。

しかし、四魂を活かすために頂上のキーキャラともいえる、K’やクーラを最初から出すのも、あまりよろしくない。
なので、暴走庵を取ったらよく見る「舞」や「京」を意識して取得し、開幕に四魂として出すのがいいのではと思う。
気を付けなければならないのが、舞の超必殺は敵全体の怒りを大幅に上げてしまうので、超必殺のタイミングは考える必要がある。

まとめ

まだ、よく分らない人が多い今だからこそ、勝利数を上乗せさせるチャンスです。
今回は、私が考える攻略法を載せましたが、当然穴はたくさんあると思います。
今のうちに、自分の必勝パターンを見つけておくのがいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする