夜間運転するときにライトは上向き?下向き?正しいのはどっち?

夜間運転するときにライトは上向き?下向き?正しいのはどっち?

夜間運転するときに基本的にライトは上向きにするのが正しい

道路交通法的には、夜間運転するときはライトを上向き(ハイビーム)にするのが正しいそうです。

もちろん、以下の時には、ライトを下向き(ロービーム)にしましょう!
・対向車とすれ違うとき
・市街地や交通量が多い道路

照射距離はそれぞれどのくらいなのか?

下向き(ロービーム)=40m
上向き(ハイビーム)=100m

上向き(ハイビーム)が推奨されている理由

時速40kmで走っている時に、急に減速した場合、40mぐらい先で停止すると言われています。
夜間走行時、通行人や障害物があった場合、下向き(ロービーム)だと、少しでも発見が遅れると大惨事に。

つまり、夜間走行するときはハイビームをつかって、100m先までしっかり確認することが大事と言えそうですね。

下向き(ロービーム)が基本と思われている現状

実際、私も免許更新まで、ロービームが基本と思っていました。
しかし、急な減速が必要になったときに止まれる距離を考えると、ハイビームを上手く使っていかないといけないと思いました。

上向き(ハイビーム)の危険性も知っておく

・対向車への強い光で視界を妨げてしまう
・車間距離をしっかりあけないと煽っていると勘違いをされてしまう

まとめ

上向き(ハイビーム)が基本ということが浸透していないようなので、まずはこのことを覚えておきましょう。

そして、上向き、下向きの使い分けをしっかりしていきましょう。
暗い人通りが少ないような道路は、ハイビームを使い、市街地のような車通りが多いところはロービームですね。

私が感じるのは、暗い人通りでもロービームの人が多いと思います。
事故を起こしてから、後悔しないように、ハイビームを使って安全運転を心がけましょう。

XXを調査してみた 目次

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする