ハイエナの立ち回りとはその1【パチスロ】【天井】【期待値】

1.常駐のライバルエナが居るかを知る。

これが一番大事だと思います。
はっきりいって、同業のエナはたっくさんいます。
エナ専門でなくても、スマホを持ってる人間はライバル候補となります。
なので、少しでも台を拾える可能性を上げる必要があります。

確認の仕方は、一日店にいることです。
ずっと、歩く必要はありません。
休憩スペースやスマホで趣味に費やしたりしながらやるといいと思います。
時間は有効に活用しましょう!

また、サラリーマンの方は、お休みの時に試してみると良いです。。
※土日はエナがしずらいことを念頭にいれておきましょう。
 ライバルエナリーマンも休みですからね。

■常駐エナの行動
・常にホールを歩いている。
・歩いていないときは、休憩スペースにいる。
・いつもメダルをたくさん積んでいる。
 (再プレイができる店は流すことができるので除外)

こういう人物が何人いるか数えましょう。
常駐エナが厄介なのは、仲間がいることが多いことです。
ホールの大きさにもよりますが、
常駐が3グループ以上いるようなホールはやめておいた方がいいです。
打てたとしても、期待値0に近い台を妥協して打って負けてしまうことが多いからです。

お疲れ様でした。
一日ホールにいてみると、常駐エナは見分けれたと思います。
これを、3回ぐらい行ってみて常駐エナが居なければ、エナしやすいホールといえるでしょう。

こういうホールは、仕事帰りに立ち寄って一周だけして小遣い稼ぎも期待できます。

次の記事
2.店のリセット状況を知る。

前の記事
ハイエナの立ち回り編ポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする